人間ドックとの併用で行うオプションの検査

人間ドックの検査は身体の中で重要とされる検査を中心に受けることが出来るようメニューが作られているのですが、細部までの検査を受けるとなると人間ドックだけでは不自由分であり、オプション検査を併用する事でより詳しい検査を受けることが出来るようになっています。例えば、脳ドックなどは脳血管の破損のリスクとなる脳動脈瘤や、血が固まる事で血管が詰まる病気でもある脳梗塞、脳腫瘍、脳萎縮と言った病気の有無を調べることが出来るのが特徴です。これらの病気を調べるためには、通常の人間ドックでは不可能であり、脳ドックの受診が必要になるのです。また、脳ドックと言うのは全ての医療機関で行われている物ではありませんので、脳ドックを併用したい場合には脳ドックの受診が出来る医療機関を利用する必要が有るのです。

また、最近話題になっているPET検査においても全ての病院で検査を受けることが出来るわけでは有りませんので、人間ドックと併用してPET検査を受診する場合には検査が出来る施設を探す必要があるのです。因みにPET検査と言うのは全てのガンを発見できるものではないのですが、ガンの早期発見に有効とされると言われており、話題になっている検査方法なのです。検査を受ける時にはFDGと呼ばれる検査薬を投与してから行うのですが、FDGはブドウ糖に近い成分であり、ガン細胞組織は正常な細胞と比較するとブドウ糖を多く取り込む性質を持つと言われており、この性質を利用する事で小さなガンの早期発見にも役立てられると言われており、人間ドックと併用して受診する人も多いと言います。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です