子宮頸がん検診のメリット

子宮頸がんは若い女性でも発症するケースが多いがんであり、誰でもなる可能性がある感染症の一種です。子宮頸がんの場合は、原因もはっきりとわかっていますし、予防をすることが可能であり、もしもがんを発症したとしても早期発見により確実に治すことが可能ながんです。ですから、子宮頸がん検診をするということは子宮頸がんの予防をする上で非常に有効な手段であるということが言えます。子宮頸がん検診を受けることによって、がんの進行を防ぎ、子宮頸がんによる死亡を回避する効果があります。

子宮がん検診の内容としては、多くの医療機関で一般的に子宮頸細胞診による検診が行われています。通常この検診で精密検査が必要となる人はあまりいませんが、検診を受けた人の1パーセント程度の人が精密検査を必要とします。その1パーセントの10パーセントの人にがんが発見されることが多いです。子宮頸がんの場合、感染してからがんに発展するまでに、5年以上かかるといわれていますから、子宮頸がん検診により、がんが発生しているかどうかだけではなく、がんになる前兆があるかどうかもわかるので、かなり早い段階から予防をしていくことが可能です。

しかし、女性の中には検診を受けることに抵抗があったり、自分は大丈夫という思い込みがあって、検診を受けない人も多いのが現状です。ですから最近では、より多くの女性に検診を受けてもらうために、地方自治体などで無料のクーポンを配布したり、啓発活動などが行われています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です