がん検診の内容と必要性

がんは現在、日本人の死因のナンバーワンとなっています。3人に1人ががんが原因で亡くなっている計算になり、日本人にとっては国民病と言っても過言ではないでしょう。がんにはいろいろな種類がありますが、男性は肺がん、女性は大腸がんがそれぞれ一位となっています。がんの原因はたくさん考えられており一概には言えませんが、多くは生活習慣や食事などの環境が大きく関わっています。

遺伝的要因も大きいですので、家系にがんの方がいらっしゃる方はさらに意識して気をつける必要があります。がんを完治するためには、早期発見と早期治療が一番です。早期発見をすることができれば、助かる可能性も高まります。がんには自覚症状があるものとそうでないものがあります。

自覚症状がないものは、症状が出てからでは手遅れの場合もありますので、がん検診を定期的に受けることが大切になってきます。がんの種類によってがん検診の内容は異なりますが、女性に多い子宮頸がんの検診は20歳以上で2年に1回、大腸がんや肺がん、胃がんや乳がんは40歳以上の方に毎年、各自治体から無料検診クーポンが送られるようになっています。最近では、自宅にいながらにして郵送でがん検診を受けることもできますので、とても便利です。日々の忙しさに追われて症状が無ければついつい後回しにしがちですが、がん検診を受けることで救われる命がたくさんありますので、ぜひ積極的に受けるように心がけましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です