自治体で実施するがん検診の精度と意義

がん検診は非常に重要な検査です。これを受診したおかげでがんの早期発見に成功し、結果的に一命をとりとめたという人は数知れずいます。では、私たちの国で、会社で、自治体で実施しているがん検診の精度は高いといえるのか、という疑問は、きっと多くの人にあるはずです。もちろん、会社が実施するがん検診の場合、その会社によって多少のばらつきがありますので、一概にいえるものではありませんが、自治体単位で実施する検診を例にとってみると、正直言って、「がん医療」という広い意味で言えば、決して精度が高いというわけではりません。

なぜなら、自治体で実施するがん検診の多くが、あくまでも部分的な検診にしか過ぎないからです。たとえば胃がんの検診をして異常がなかったとしても、肺がんを発症している可能性があり、これに関しては、広い意味での精度は決して高いとは言えません。しかし、精度が低いからといって、そこに意義がないというわけではありません。胃がんにかかっている人が胃がんの検診を行った結果、一命をとりとめることができる確率が飛躍的に上昇するからです。

上で触れたような意味での精度の低さに不安を感じる人は、全身をくまなくチェックすることができる「人間ドック」などをご利用になると、その精度は飛躍的に上昇します。全身を網羅できるわけではないとは言え、自治体で実施するがん検診は、とても大きな意義があるということは、間違いなく言えます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です