がん検診を受けましょう

がんは、ひと昔前に比べれば、飛躍的にその治癒率、そしてその罹患者の生存率はずいぶん高くなっています。これを受けて、「がんは治る」などと大々的に言われることがありますが、このことばを鵜呑みにしてしまうのはあまりにも危険であるということは間違いなく言えます。もちろん、以前にくらべれば確かにがんは「治る病気」といえるかもしれないレベルまで、がん医療は進化してきました。しかし、万一かかったとしても治すことができるためには、それなりの条件があって、なんでもかんでも治るというわけでは決してありません。

がんが治る条件の筆頭となるのが、「早期発見」です。がんという病気は、強い痛みを伴うような明確な自覚があるとすれば、それはほぼすべて末期的な状況であると言わなければなりません。ですから、早期発見のためには、やはり自覚症がない時期に「がん検診」をしておく必要があるということは間違いありません。検診は、会社で実施することもあれば、自営業者や主婦向けに自治体で実施することもあります。

中には無料で受診することができるがん検診もあります。万一に備え、早期発見のためにも、がん検診は必ず定期的に受診することが望ましいといえます。会社で実施するがん検診については、情報をしっかりとキャッチしていればもれなく受診することができるでしょう。自治体で実施するがん検診も同じで、自治体から送られてくる封書などをしっかりとチェックしましょう。

もちろん、会社や自治体に頼らず、個人で直接病院に行って検査してもらうこともできます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です