ストレスチェックとは

「ストレスチェック」とは、厚生労働省による改正労働安全衛生法に基づいたメンタルヘルス対策の一環です。ストレスに関する調査票の結果をもとに、集計/分析を行い、労働者のストレスがどのような状態にあるのかを調べます。現時点では、常時50名以上の労働者が勤務する全事業場において、これを実施するように義務付けられています。また、労働者が50名未満の事業場は、「努力義務」とされています。

ただし、ストレスチェックの対象者は、一般定期健康診断の対象者と同じ扱いになりますので、正社員の4分の3時間以下のパート社員や休職している労働者は実施しなくてもよいとされています。実施者となれるのは、法令で定められた産業医、保健師、精神保健福祉士などの資格者に限定されています。産業医は、社員が希望した場合は、面接指導を実施しなくてはなりません。人事権がある従業員がストレスチェックの実施者になることは禁じられています。

厚生労働省は、産業保健スタッフ等向けに、各事業場でストレスチェック制度に関するマニュアルを公開しています。産業医・保健師等の事業場内産業保健スタッフが、チェック業務を滞りなく遂行できるように構成されたマニュアルとなっています。この制度は、報道で話題になっている「ブラック企業」などの、過酷な労働状況から労働者をまもるため、また、従業員がうつ病などのメンタルヘルスに陥るようなトラブルを防ぐことを目的としたものでもあります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です