ストレスチェックの内容と診断結果の活用方法

ストレスチェックの必要性は、2015年12月1日から従業員が50人以上の事業場において実施するよう義務付けられたことからも明白です。それだけ、現代の職場がストレスを引き起こしやすい環境にあるという事であり、実際に多くの事業場において、メンタル疾患が多発しています。つまり、各企業はこうした現状を直視し、ストレスチェックの診断結果を真摯に受け止めることが大切です。例えば、ストレスの一番大きな原因とされているのが、新聞などでも取り上げられることが多い長時間労働やパワハラといったものですが、最近では、こうしたメンタル疾患が労働災害の認定を受けるケースが急増しており、社会問題ともなっています。

こういった職場環境の悪化もストレスチェックの診断結果を真摯に受け止めていれば、十分に改善が期待できるものであり、対策を怠っていたとすると企業の姿勢が問われることにもなりかねません。さて、そのストレスチェックの診断方法ですが、職場に勤める社員全員に実施されます。その項目は、全部で57項目にも及びその内訳は、仕事のストレス要因(17項目)、ストレス反応(29項目)、ストレス緩和要因(社会的支援9項目、満足度2項目)で構成されており、その3領域を順番に診断していくことで、個人のストレス度合いを計ることができますし、全ての社員の調査票を集計することで、その職場がストレスを生み出しやすい環境か否かを判断することができます。ストレスは社員のモチベーションの低下につながるだけでなく、職場全体の士気にも影響しますから、適切な対応が必要であることは言うまでもありません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です