ストレスチェックで高ストレスと診断された場合には

従業員が50名以上在籍している事業所においてストレスチェックの実施が義務付けられました。正常な業務を無理なくこなすことができる環境が整えられていると企業側が考えていても、実際の現場で働く従業員にとっては大きなストレスを感じているというギャップもあり、それを洗い出して把握するという観点でもストレスチェックはきわめて重要です。職場における過大なストレスの原因となるのは過重な業務や人間関係の不和であり、本来であれば従業員をとりまとめる管理職がそのストレス源の緩和措置を診断の有無に関係なく行うことが重要です。しかし、メンタル面に関しては専門的な知識を有した保健師や医師などが行うストレスチェックによって可視化されたほうが職場改善に向けた動きを取りやすいということが実態に即しているでしょう。

そのためにも、ストレスチェックの診断結果は企業側がしっかりと受け止めて、従業員のメンタル面でのケアを真摯に実施していくという姿勢が求められます。高ストレスと診断された従業員は、きわめて重い心の負担を感じていることは明白ですので、素早い対応によって離職や休職を防ぐことができるようになると考えられます。ストレス源となる部分の解消には、超過勤務状況の改善や人員配置の変更、業務分担の見直しなど多くの方法があります。それと同時に、従業員が人事的に不利な扱いを受けないようにする配慮も欠かさないようにしましょう。

適切なケアを行うことが何よりも重要です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です