義務化されたストレスチェックの代行

年1回のストレスチェックが義務化されたことで、会社への負担は大きくなりました。費用的な面も負担ではありますが実施体制の構築、維持や個人情報の管理などインフラの面での負担は決して小さなものではありません。通常業務を続けながら新たに体制を構築しなければならないことで従業員への負担が大きくなることになります。また、義務化されたことで不十分だった場合に法令違反となる恐れもあり、しっかりとした対応を求められます。

ストレスチェックは、職場のメンタルヘルス不調の状況を把握することが目的であることから、人事権を有している者が実施者として関与しない方が良いとされています。そのため理想としては実施は外部に委託をして、結果だけを社内の担当者が把握すると言う環境です。これによって社内に体制を構築する範囲を最小限に抑えることができることや担当者の負担が軽減できることなどのメリットがあります。ストレスチェック制度は、結果を職場の環境改善に役立てる目的で義務化されています。

そのため実施をしていることが重要ではなく、メンタルヘルス不調の状況の把握とそのような不調が起きそうな要因を把握することに重点を置くべきです。従業員としては結果によって不当な扱いを受けることがないか心配になります。外部委託をすると第三者によって実施や集計されるため、そのような心配がありません。ストレスチェックの結果を公平な目線で見てもらえるため安心できるはずです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です