中小企業にとってのストレスチェックの義務化

メンタルヘルス対策が重要であることに対して異論を挟む企業はないといえますが、現在のところすべての企業が無理なくストレスチェックの義務化に対応できているとは言えない状況があります。特に中小企業ではその傾向が顕著であり、人材も経験もない環境の中でどのように接していくのかについて困っているケースが少なくありません。義務化という法律によって実施しなければならないと規定されたと言う事実は中小企業にとっては大きな負担になっています。しかしながらそのようなストレスチェックを無理に社内で完結させようとしなければ対応策はいくつかあります。

義務化によって非常に重要が増したと言うことにより多くの業者がストレスチェックの代行サービスを提案するようになってきているのです。そのような業者のサービスを利用することにより、業務の1部または全部を外部委託することにより知識や経験がなくても義務を果たすことができるようになって来ているのです。このような仕組みを応用すればインフラ投資が必要ないため、最もお金をかけずにストレスチェック義務化に対応する方法であると理解している企業も少なくありません。まずはストレスチェックに形から対応したいと考えている企業にとっては外部委託が最も賢い選択肢となっている現状があるのです。

まだまだ充実した内容実施するためにはハードルがありますが、今後の発展が望まれている分野であると言えるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です