ストレスチェック義務化の影響について

ストレスチェックは2015年度の末に制度化された比較的新しいものです。常時50名以上の従業員を雇用する企業は1年2回以上は実施しないといけないと言うことが明確に義務付けられたのです。このようなストレスチェック義務化は近年のメンタルヘルス対策の動きの中では非常に大きな影響与えるものであったと言われています。これまでも大企業を中心に独自の活動してきたことはあるものの、法的な義務として位置づけられたのは非常に画期的なことだったのです。

しかしながら中小企業のように人材が揃っていない環境の企業においては義務化の流れが大きな負担となることも少なくありません。従業員が多い場合には、制度を正しく理解して周知するための活動も非常に負担がかかるものになる場合が多く、ストレスチェックの実施が担当者のストレスの原因になるとも言われてきました。そのような環境の中で専門性の高い事は専門家に任せようと言う意味で専門の業者に委託するケースが増えてきています。ストレスチェックの義務化には、専門性の高い活動の外部委託が促進されると言う影響を生みしていると言う影響が出ていると言えるでしょう。

それぞれの企業が独自の努力をするのではなく専門性の高いサービスを提供する業者の競争が活発になる形で様々な魅力的なサービスが提供されるようになってきています。このような仕組みが新しく生じてきているのがストレスチェック義務化の影響であると言えるでしょう。禁煙グッズ 口コミのことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です